ヨミんち|刈谷市|カウンセリング・ヨガ・料理教室・ファスティング

電話番号080-9726-1558
メニュー

ブログ

2021/11/15

手足が冷える!冷え性でお悩みの方へ。生姜を召し上がっては、いかがですか?

寒くなってきました。

手が冷たい…足先が冷えて、感覚がない。そんな方は、みえませんか?

以前の私がそうでした。膝から下が冷えて、冷えて…ホットカーペットから離れられない。膝から足指まで冷えて感覚がなく、脛・ふくらはぎ・足裏・足の甲と片足にカイロを7枚、両足で計14枚も貼っての冬越し(苦笑)
血行が悪い・血流が悪い、自ずと「痔」患う訳ですよ…泣、恥…

そんな症状を緩和、血行促進に…【生姜】いいですよ〜(^-^)

【生姜の効能】

生姜が、消化液の働きを刺激することで食べ物が胃から小腸に動くよう促し、膨満感や腸内にガスがたまるのを緩和してくれます。 消化吸収を刺激し、消化管の筋肉活動を高め、便秘やガスが溜まるのを緩和します。

他にも、効果効能は、いっぱいあります!
ビタミン類とミネラル類が豊富
抗炎症性がある
吐き気を緩和する
抗酸化物質が豊富
抗菌性がある
心臓病のリスクを低減
ガン予防に役立つ
生理痛・偏頭痛を緩和する
インスリン耐性を向上させ、代謝を促進する
睡眠の質をあげる
ダイエットに効果的
血行促進、冷え性改善

と、まぁ〜こんなにも😍

なかでも、紹介したいのは、血行促進!冷え性改善!

 

ショウガの特徴的な栄養素

◇ジンゲロール

生のショウガに豊富に含まれる辛み成分がジンゲロールで、口に入れるとすぐにピリピリ辛みを感じるのはこの成分です。ジンゲロールには抗酸化作用があり、細胞の老化を抑えることでアンチエイジング効果を期待できます。

また、末端への血流が良くなることで手足を温めたり、殺菌の効果も期待できます。

◇ショウガオール

ショウガオールは、ジンゲロールと同様にショウガの辛み成分ですが、生のショウガにはほとんど含まれません。乾燥させたり加熱したりすることで、生のショウガに含まれるジンゲロールの成分の一部が変化することでできるのが、ショウガオールという成分なのです。

このショウガオールには血行を良くする作用があるため、体の芯から温めてくれる発熱・保温効果や、痛みを和らげてくれる鎮痛効果が期待できます。そして、ジンゲロールよりも強力な殺菌・抗酸化作用・ダイエット効果・美肌効果などもあるといわれています。

◇ジンゲロン

ショウガオールと同様に、ジンゲロンもジンゲロールの成分の一部が変化してできるものです。胃液の分泌を高めることで消化や食欲を促進したり、血行を良くすることで、冷え性改善や便秘解消が期待できます。

という訳で…
加熱した生姜が良い❣️んですよ〜(^^)

でね。加熱時間が長い方が、なお良い❣️
これは、以前TV番組で放送されていました。
生姜湯、生姜焼き、炊き込みご飯、どれが一番体温アップする???って内容。

で、答えは〜
「炊き込みご飯」
へー(°_°)そうなんだ!!なんでも、10〜12分以上加熱した方が良いって!

簡単だよね!
生姜を刻んで投入して、お米と一緒に、スイッチON‼️

こんだけ〜〜〜〜笑🤣
でも、めっちゃ効果抜群です💖

半年も続けると、カイロがいらなくなります❣️
私は、更にヨガを始めたので、年から年中「裸足」生活です(笑)
おかげ様で、便秘も痔も完治したので、快適で〜ー〜ー〜す(o^^o)

ぜひ、お試しあれ💕

詳しいレシピ🎵お問い合わせは、こちら

2021/11/07

体調不良の原因(年齢のせいと言われた)…いやいやそんな事はないです!ご自分で探ってみませんか?

体調がすぐれない…なんだか、スッキリしない…
例えば、
夜、なかなか寝付けない。朝起きた時、疲れが取れていない、ぐっすり寝れていない。毎日、スッキリお通じが無い。少し動くと息切れがする。のぼせや冷や汗など更年期障害が気になる。などなど、原因不明の体調不良を不定愁訴と言われています。

「不定愁訴」の改善
そんな内科的なものは、ヨガで改善しないだろう…と考えますよね。実は、私もそう思ってました。もちろん、「腸活する!」のは最も手っ取り早く効果が現れます。腸には、たくさんの免疫細胞が存在しているので、腸活(ファスティング)すれば、免疫力・代謝アップ、腸だけでなく、肌も髪もツヤツヤ✨になりますしね。
それでも、改善されない原因は、「感情」にあるのかも…です。

例えば、人間関係
人との関係では投影(プロジェクション)することで、自分の内面に気づくことができます。嫌な人も好きな人も結局は自分の映し鏡であり、身近な人間関係ほど投影をしてしまうので、さまざまなことに気づくことができます。「鏡の法則」とも言われます。

人間関係で悩んでいるとき…自分の中にある受け入れたくない感情は何かな?と自分自身に問いかけてみる、優しく聞いてあげることで、あ〜こういこと?!と「気づき」を得ることができます。ネガティブな感情を投影したままにするのではなく、抑圧・我慢するのではなく、きちんと向き合うことで解放されていきます。

私たちが見たり感じたりすることは、自分の内面のフィルターを通して見ています。例えば、子供のころ、厳格なお母様に育てられた場合は、他人に褒めれる事・評価される事を優先しがちで、自分の言いたいこと・やりたいことが出来なくなったりします。

大人になっても、同じように投影してしまうので、本当は優しくて穏やかな人かもしれないのに…人間関係がスムーズに進みません。自分の内面を投影していたことに気がつくことで、あらゆるものの見方が変わっていきます。

一概に、ネガティブ、負の感情が悪い訳ではありません。ポジティブもネガティブも対です。両方あって、ひとつです。
ただ、ネガティブな感情は、波動が低くなり、重くなるので、体調に関係してくる事になります。

波動が低いとは
「言霊(ことだま)」という言葉を耳にしたことはありますか?言葉に内在する霊力、パワーです。耳障りの良い言葉、気持ちの良い言葉「天国言葉」を使うと運気もよくなり、幸せになるといいます。気持ちの良い言葉を発することによって、自分の気持ちが伴って、元気に幸せになってきます。それから、周りを幸せにしていきます。毎日毎日、文句や不平不満ばかり発してる方とは、なんとなく近寄りたくないですもんね。ポジティブな「➕」プラスの言葉を使っている方のもとには、類は友を呼ぶ法則で、明るい仲間が集まります。
これが目に見える形のわかりやすい波動ですね。

感情の気づき方は、瞑想が、いいですよ〜(*¨*)♡
はじめのうちは、瞑想が難しいので、マントラ瞑想がいいですよ。マントラを聴きながら、歌いながら瞑想しますと、自然と、トランス状態に入れます。

マントラとは
マントラ(mantra)は、サンスクリット語で文字、言葉を意味し、日本語で真言を意味します。密教では仏や菩薩の誓い、教え、功徳などがある言葉とされています。賛歌、祭詞、呪文などもマントラに含まれます。
manas(五感の情報を得て、物事を判断したり、考えたりするマインドの働き)
trāṇa(守る、解放する)
という2つの言葉が組み合わさってmantraという言葉ができているそうです。

インドのサンスクリット語のマントラが中国に渡り、漢文に訳され、日本に渡ってきたものが真言(お経)、サンスクリット語は、宇宙の波動を感知することができた聖者が、その波動を音(言葉)として表したもので、そのため神そのものとして扱われるそうです。

音を言葉で口から発する事で耳から入り、脳に届きます。また、口腔内(口蓋)を刺激する事で、口蓋にあるツボを刺激し、脳の視床下部と下垂体を刺激されます。
先の記事の「言霊(ことだま)」と同じ効果があると感じています。サンスクリット語の発音を気にする(意識する)よりも、気持ち良ぉ〜く歌ってみる!(๑’ᴗ’๑)が、脳にも、心にも一番良いのではないでしょうか。

リストラティブヨガも、容易にトランス状態に入れます。カラダのリラックスだけでないのが、リストラティブヨガです。カラダをリラックスさせ、思考を停止させ、気持ち良いところへ意識が飛んでしまいますね(笑)そんなリラックスの後は、脳がクリアになっているので、気づきがいっぱいです❣️

ぜひ、気づきの多い人生を、ご一緒にいかがですか😍

 

2021/10/31

便秘や下痢でお困りに方へ、腸活してみませんか?腸内環境を整えると良いですよ❣️

毎日、お通じはあるけど、スッキリしない。便秘と下痢を繰り返す。寒暖やストレスで、すぐ下痢になってしまう。なんだか、元気がでませんよね…

こんなお悩みのある方は、ご自分の「うん⚪︎」を観察してみてください。
え〜?!って?(笑)
お通じを観察することは、腸内環境の良し悪しを知ることが出来ます。
善玉菌がしっかりと機能している腸内環境が良い人の便は、便が黄色寄りの褐色であり、悪臭もせず、形はバナナ状になります。
反対に、便から悪臭がしたり、黒っぽかったりする場合は、腸内環境が悪くなっているサインです。焼肉をたらふく食べた〜とか、飲みすぎた〜とか、暴飲暴食の翌日の便やオナラは、いかがでしょう?😅
また、日頃から下痢や便秘をしがちだという方も腸内環境が乱れている可能性があるでしょう。

 

そもそも、腸内細菌?善玉菌?ってなに???

ヒトの腸内には1,000種類以上にも及ぶ約100兆個の腸内細菌が生息しています。
腸内細菌には体に良いはたらきをする「善玉菌」、体に悪いはたらきをする「悪玉菌」、そのどちらでもない菌の3種類に大別されます。
例えば、よく耳にする乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌です。
腸内環境の良し悪しは善玉菌と悪玉菌、中間の菌の量のバランスによって決まります。

善玉菌でも悪玉菌でもない中間の菌は、一般的に「日和見菌」ともいわれます。腸内の善玉菌と悪玉菌のうち、優勢な側に加勢するためです。「腸内環境が良い」というのは、善玉菌が悪玉菌よりも優勢であり、悪玉菌が腸に住み着いたり、増殖したりするのを抑えている状態のことです。
反対に、生活習慣の乱れやストレスなどによって悪玉菌が善玉菌よりも多くなってしまうと、腸内が不健康な状態になってしまいます

このように、腸内の健康は、腸内に存在する数多くの菌のバランスによって変わってきます。
腸内環境を整えるメリットとは?

便秘になりにくくなる。
下痢になりにくくなる。
免疫力が上がる。
太りにくくなる。

便秘になるとただ排便が困難になるだけでなく、お腹が張ったり、食欲不振や腹痛になったり、肌が荒れてしまったりと全身に悪影響を及ぼします。
便秘を予防・改善するためには善玉菌を増やし、腸内環境を整え、腸のはたらきを良くすることが重要です。

下痢は、大腸が水分を吸収しつつ便を肛門に送り出す運動に異常があると、水分がうまく吸収されない状態。
善玉菌は腸内フローラ※のバランスを整え、腸の働きを正常に保つ
ため、腸内環境の悪化が原因の下痢を改善できると考えられます。

免疫力が衰えると風邪にかかりやすくなったり、アレルギー症状が悪化したりしてしまいます。
実は、人間の免疫細胞は半分以上がの中に生息しているため、腸内細菌の働きを高めることで免疫力を高められると考えられます。
善玉菌は免疫細胞を活性化させ、細菌やウイルスなどの病原菌から身体を守るはたらきを持っているのです。
人間の免疫力は、通常20代がピークで、加齢に伴って低下していくといわれていますので、腸内細菌を整えることで、年齢を重ねても健康を保つことにつながるのですね。

肥満と腸内細菌のバランスには関連があると考えられています。
肥満は主に、食事から摂取したエネルギーが使いきれず、脂肪として体内に蓄えられてしまうことによって起こります。太ることでさらに腸内細菌のバランスが悪化する、悪循環にも陥ってしまいます。
また、腸内環境が悪いと便秘になってしまうことはご存知の方も多いのでは…

腸内環境を整えるためにはどうすればいい?

食生活を見直してみよう!
腸内の善玉菌を増やすためには、

「善玉菌を直接摂取する」食物繊維や乳酸菌、ビフィズス菌が入ってる食べ物・飲み物。

「腸内で善玉菌を増やすことができる食品を食べる」オリゴ糖、発酵食品など。

発酵食品については、また次回…(^^)♪
※腸内フローラについても、うんちく語れるので(笑)まだ今度!

 

そそ!😍
ヨミんちの「手作り味噌」めっちゃ好評なんですのよ〜〜〜(^^)♪

やっぱ、お味噌こそ「発酵食品」
酵母が生きてるので、ホント美味しいです❣️

作る時期になったら、ご案内しますので、
みんなで、一年分作りましょう〜〜〜❣️

2021/10/24

不眠やストレスでお悩みの方へ、幸せへのリラックス方法ありますよ❣️

なかなか寝つけない、ぐっすり熟睡ができない、寝ても寝ても疲れが取れない。そんなスッキリしない朝はないですか?

脳が休まっていないと、安眠・熟睡など、質の良い睡眠が取りづらい傾向にあります。

脳が休まらない原因はさまざま。ご自分を取り巻く環境、職場環境・近所付き合い・人間関係、、、ご自分の過去の生い立ち・経験・トラウマ、性格・性質・気質などなど。考えれば考えるほど、脳は疲労・疲弊していきます。

そんな方ほど「リラックス」が必要です。現代人は、「リラックス」が苦手だと感じます。

「リラックス」することと「怠けている」とは違います。

ご自分の心と身体を労る、メンテナンスする事は、とても重要で最優先だと思っています。

働き過ぎ、頑張り過ぎの方へ。

「リストラティブヨガ」で究極・至福のリラックスを体験してみませんか?

 

「リストラティブヨガ」とは

リストラティブヨガは、深いリラクセーションを与えてくれる癒しのヨガです。
回復するという意味をもつ「restore」が語源とも言われており、「ristorative」には「元気を回復させる」という意味があります。

通常のヨガのようにポーズをとるという感覚ではなく、自然に入りやすい体の緊張さえもすべて解放させるため、多くのプロップス(補助具)を使用し、それらに身体を「ゆだねる」ことで身体的な緊張を緩和させます。筋肉を伸ばすということよりも、無意識に入っている心身の緊張を、ゆだねることにより手放し、積極的な休息を行うことを目的にしています。

仰向けで横になるポーズが多く、体に負担をかけない姿勢で、1ポーズにつき長い時間をかけてホールドします。その際に深い呼吸を行うことにより、自律神経と調え、精神を深く安定させることができます。

その静かな時間の中で体の重さを感じ、自分の呼吸の音に耳を澄ませる、など自分の内側を観察(内観)していきます。楽な体勢で長い時間ホールドするからこそ、いつもより自分の内観しやすくなり、その時間は瞑想状態を作り出し脳に休息を与え、心と身体を調和させる時間になります。

筋力や柔軟性を必要としないヨガのため、身体のかたい方や高齢者・初心者、どなたでも体験いただけるやさしいヨガですので、安心して取り入れていただけます。

 

「ヨミんち」のヨガ

上記のリストラティブヨガ以外にも、ポーズをしっかりとる一般的なハタヨガ、筋膜まで緩める陰ヨガ、ポーズの完成度、出来る・出来ないにこだわらないナチュラルヨガ、肩関節痛・股関節痛など痛みを軽減していくケアヨガ等幅広くご提供させていただいております。

身体が硬い方こそ、無理なく伸ばし、ほぐしながら、痛みがあれば観察し、向き合い手当していく日々のセルフケアヨガも伝授させていただきますので、心身のバランスも調います。ヨガを通して、日常生活を気持ち良く過ごしていただければ幸いです。

と、初めましてのブログになりますので、だいぶ改まった文面です。ヨミをご存じの方は「カタッ!オモロ!(笑)」と感じたのではないでしょうか。今後は、ヨミ満載の文面になっていくと思いますので、お気軽に日常の「笑い🤣」のひと時をご提供できればと思っております❣️これから、よろしくお願いします(^^)